頑張ればいいことある~ETERNAL DREAM~1-9

頑張ればいいことある~ETERNAL DREAM~1-9

翌日、本店営業部にはいつものように誰よりも早く出社し、

情報収集するさくらの姿があった。

植草も割と早い出社であり、さくらは植草の姿を見つけると

「主任、昨日は色々とありがとうございました。」

と丁寧にお礼を言った。

植草は右の掌をさくらに向け、いいよ、と合図。

続けて課長代理の新井が出社してきた。

さくらは一瞬躊躇したものの、新井の元へ歩を進め

「昨日は私のことで大変ご迷惑をお掛けしました。」

と、深々と頭を下げ、

「生意気ですが昨日のことはもう自分の中で整理しました。

 ですから、あまり無理しないでください。

 お願いします。」

と、感謝と素直な気持ちを伝えた。

新井は少し困惑した表情で

「東山さんの気持ちは有難く受け止める。けれど

 自分の意見は意見として伝える必要があるんだ。

 理不尽なことを普通にされては良くないだろ?」

そう言って優しく微笑む新井に、さくらは何の飾りもなく

「課長昇格目前の時期ですから。」

すると新井は

「分かってるよ。間違っていることを見過ごして

 課長に昇格しても気持ち悪いだけだろ。

 だから、昨日にことはいいんだ。

 しかし、最後、部長が引き取られた。

 だから、俺の意見は昨日の発言が最後だよ。

 部長の決定には従うしかないからね。」

さくらは何かほっとした気持ちになり重ねて

 「ありがとうございました。」

深々と頭を下げ自席に戻った。

一通り情報収集が終わった頃には課長の久保田も含め

課員全員が揃っていた。

そこへ樋口部長から内線がさくらの元に入った。

さくらは少し動揺しながら

「分かりました。」

そして、受話器を置き直ぐに久保田課長の元へ行った。

さくらは、自分ではなく無機質な誰か違う人が話している

ような錯覚の中

「今、樋口部長から電話があり、NS商事の件については

 久保田課長の意向に従うようにと指示を受けました。」

と、報告した。

頑張ればいいことある~Eternal Dream~1-1
頑張ればいいことある~Eternal Dream~1-2
頑張ればいいことある~Eternal Dream~1-3
頑張ればいいことある~Eternal Dream~1-4
頑張ればいいことある~Eternal Dream~1-5
頑張ればいいことある~Eternal Dream~1-6
頑張ればいいことある~Eternal Dream~1-7
頑張ればいいことある~Eternal Dream~1-8
頑張ればいいことある~Eternal Dream~1-9
頑張ればいいことある~Eternal Dream~1-10
頑張ればいいことある~Eternal Dream~1-11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です