頑張ればいいことある~ETERNAL DREAM~1-3

頑張ればいいことある~ETERNAL DREAM~1-3

「只今、戻りました。」

さくらはいつもと同じように、課長の久保田に挨拶し自席に腰を下ろした。

さくらは本店営業部第2部1課の12名の部隊に所属している。

新人はさくらだけである。

課長の久保田は本店営業部のエース的存在であり、

上層部からの信任も厚く、彼の言動は常に正当化される傾向にあった。

さくらが席に戻ると、課の雰囲気がやや張り詰めたものに変化した。

「なんだろう。」と空気の変化に気付き右隣りの先輩に

「植草主任、私が外出している間に何かありましたか。」と、小声で聞いてみた。

彼はさくらの方に視線を送ることもなく、電話の横にある伝言用メモを無言で

取ると小さな字で何かを素早く書いた。

そして立ち上がり際にそっとさくらに渡したのだ。

なんとなく、課長の久保田を警戒した行動だと感じたさくらは、

営業日報の表紙を課長の方に立て、そのブラインドを利用してメモを開いてみた。

「ここでは話せないから後で」と、記してあった。

何かあったんだ。

ん?

さくらは、課のナンバー2である課長代理の新井が居ないことに気付いた。

いつも仕事を終える19時前には全員が揃うことが通例になっているが

彼の席だけ空いていたのだ。

頑張ればいいことある~Eternal Dream~1-1
頑張ればいいことある~Eternal Dream~1-2
頑張ればいいことある~Eternal Dream~1-3
頑張ればいいことある~Eternal Dream~1-4
頑張ればいいことある~Eternal Dream~1-5
頑張ればいいことある~Eternal Dream~1-6
頑張ればいいことある~Eternal Dream~1-7
頑張ればいいことある~Eternal Dream~1-8
頑張ればいいことある~Eternal Dream~1-9
頑張ればいいことある~Eternal Dream~1-10
頑張ればいいことある~Eternal Dream~1-11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です