頑張ればいいことある~ETERNAL DREAM~1-1

頑張ればいいことある~ETERNAL DREAM~1-1

さくらは無意識に駆け出していた。

うっすらと涙ぐんだまま・・・

自分の中のどうにもならない感情を持て余して、ただひたすらに走った。

さくらは今年の春、大学を卒業して総合職として大手銀行に就職した。そして、三か月間の研修を終え精鋭が集う本店営業部へ配属された。

背は低い方ではなかったが、何事も背伸びしながら今まで生きてきた。

「頑張れば、頑張った分、いいことがある。」

どんな時もずっとこの言葉を拠り所に生きてきた。

それは、さくらの母親の口癖でもあった。

さくらは、色白で目が大きく可愛らしい女子だが、どことなく芯の強さを感じる雰囲気を纏っていた。

銀行の仕事はなんとなく預金と貸出というイメージがある。

しかし、それらの取引に辿り着くことがどんなに辛く厳しいものであるか、さくらは身をもって味わっている。

税制、事業承継、取引会社の事業に関わる関係法令、業界事情、IT戦略、労務管理etc

取り上げればキリがない程、多くの知識が要求される。

これは全て、クライアントからの信頼を得る為のいわば武装に他ならない。

「頑張れば、頑張った分、いいことがある。」

さくらは、毎日、毎日頑張った。

朝は誰よりも早く出社し、日経新聞を細かくチェック。

新規の取引見込み企業に関連する情報は切り抜きノートに貼りコメントを付した。

そして、ネット上の情報も可能な限りチェックし、毎日話題はテンコ盛りの状態で相手先と連絡がつく時間を迎える。

情報提供はきっかけに過ぎない。情報提供を続け「時間を割く価値あり」と思ってもらうところがスタートラインなのだ。そう、具体的な提案はその次にようやく出来るという具合なのだ。

さくらは毎日頑張っていた。

しかし、頑張るさくらに精神的な試練が訪れる。

初めて大きな取引をすることになった企業の社長室に課長の久保田と同行し上席者面談を行った日のことである。

この日はさくらにとって記念すべき歓喜の日になるはずだった。

しかし、実際は面談を終え会社に戻ると課長の久保田の激しい叱責が待っていたのだ。

「提案の中身が薄っぺら過ぎる。今後は自分がメインでこの会社を担当する。とても任せられない。」

というものだった。

さくらは、自分の身体が震えるのを抑えることが出来なかった。

久保田の話が終わり会社を出たさくらは、営業カバンを持ったまま無意識に走り出した。

悔しくて、どうしようもなく。

頑張ればいいことある~Eternal Dream~1-1
頑張ればいいことある~Eternal Dream~1-2
頑張ればいいことある~Eternal Dream~1-3
頑張ればいいことある~Eternal Dream~1-4
頑張ればいいことある~Eternal Dream~1-5
頑張ればいいことある~Eternal Dream~1-6
頑張ればいいことある~Eternal Dream~1-7
頑張ればいいことある~Eternal Dream~1-8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です